WordPressを扱う人にお勧めしたい「プラグイン開発のバイブル」

 

こんにちは、オンラインの金沢です。

 

最近はWordPressのプラグイン開発をしてみようと日々勤しんでおります。そのときに非常に参考になっておりますのが、こちらの書籍です。

「サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPress プラグイン開発のバイブル」

始めは凄いタイトルだなと思いましたが、それに見合うだけのしっかりした内容が書かれていました。400ページほどの分厚い書籍で、WordPressプラグインの説明から公式ディレクトリへの公開の仕方まで手取り足取り教えてくれます。他にもWordPressがどのようなライセンスで公開されているかとか、コーディングスタンダード(ソースコードを書く上でのマナーのようなもの)など、これまであまり意識していなかったこともたくさん書かれてあり、大変勉強になります。

プラグインの基本であるアクションフックやフィルターフックは、管理画面の調整などにも使えます。プラグインの作成までできなかったとしても、ワンランク上のWordPressカスタマイズ技術が身に付きそうです。WordPressを扱う方には、是非ともお勧めいたします。

金沢

Pocket
LINEで送る

著者プロフィール

金沢大樹

2年間のアルバイトを経て、平成27年度より社員として株式会社オンラインでWeb制作をしております。
WordPressを得意としており、プラグイン開発の経験もございます。
また、Monacaを使用したスマートフォンアプリ開発や、Visual BasicによるWindowsアプリケーション開発もできます。

コメントを残す

コメントは管理者による承認後に公開されます。

CAPTCHA