無料CSSテンプレートをWordPress – Twenty Fifteenの子テーマにしました。

 

オンラインの金沢です。今日は当ホームページに使用中のテーマをご紹介します。

 

当ホームページはWordPressのオリジナルテーマを使用しておりますが、デザインは無料テンプレートのものを使わせて頂き、機能面はデフォルトテーマTwenty Fifteenのものを継承しております。

使わせて頂いた無料テンプレートはCool Web Window様(http://www.coolwebwindow.com/)の商用向けCSSテンプレート No.25です。さわやかなデザインがとても気に入りました。

こちらのテンプレートをもとに作成したテーマを、Twenty Fifteenの子テーマに設定しました。子テーマを有効化すると、親テーマのfunctions.php内のコードを全て継承し、子テーマに存在しないテンプレートファイルは親テーマを参照してくれるようになります。

子テーマの設定方法は、子テーマのstyle.cssに

Template: twentyfifteen

と記述するだけです。「twentyfifteen」は親テーマのディレクトリ名になります。記述する場所はファイルの先頭です。WordPressテーマのstyle.cssは、先頭にコメントアウト(/* コメントアウト */)でテーマの名前(Theme Name)やテーマの説明(Description)、作成者(Author)などを設定できます。これらの設定の中でシステムの動作に影響を与えるのは親テーマの設定だけですけどね。

Twenty Fifteenはデフォルトテーマだけあってブログを行うにはとっても使いやすいです。まだ使い切れていない機能もありそうですので、ブログを更新しながら色々試してみたいです。

金沢

Pocket
LINEで送る

著者プロフィール

金沢大樹

2年間のアルバイトを経て、平成27年度より社員として株式会社オンラインでWeb制作をしております。
WordPressを得意としており、プラグイン開発の経験もございます。
また、Monacaを使用したスマートフォンアプリ開発や、Visual BasicによるWindowsアプリケーション開発もできます。

コメントを残す

コメントは管理者による承認後に公開されます。

CAPTCHA